在庫管理

通販物流の仕事をを効率的に行うために、在庫数を正確に把握することは非常に重要です。要するに、在庫管理は在庫品を過不足なく適切な状態でストックすることが求められている業務です。近頃では、コンピューターが優秀になったため、あまり人手が要らずに管理できるようになっています。ということで、ここでは在庫管理の業務内容について説明したいと思います。

欠品を防ぐために必要!?安全在庫

商売で重要な通販物流では、在庫をどのようにするかが重要です。注文があっても在庫がなければ、商売にならず損をしてしまいます。ある程度在庫の余裕を持っておく方法を、安全在庫と呼び一般的に行われています…

在庫の置き場所を決める!ロケーション

ロケーションとは倉庫内の物の置場所を決める方法のことで、その目的は出庫に要する時間を減らすことです。多くの棚があるなら「何列目、何連棚の何段目」のようにすぐに場所がわかるよう番地を細かく決めていき…

ABC分析で重点的に管理する在庫がわかる!?

通販物流では在庫管理の効率を上げることも大事です。ABC分析を導入すれば、重点的に管理する在庫もわかりやすくなります。管理は売上の高い商品を優先し、売上の低い商品にはコストをかけないようにするのが…

ピッキングと梱包

シングルピッキングとトータルピッキングとは!?

シングルピッキングとは、伝票ごとに保管場所から商品をピッキングする方法のことです。摘み取り方式、または、オーダーピッキングとも呼ばれます。伝票ごとに作業をするので作業内容がシンプルになり、作業員が…

開けやすい!?壊れない!?梱包資材の工夫

梱包資材の工夫を考えるうえで、材料の選定は重要になります。スチレンボードについては発泡スチロール材を板状へと形作った物になります。スチロール材の特性とされる軽さ並びに緩衝性の素晴らしさを有効活用し…

リボン掛けや熨斗掛け、ギフトラッピングにも対応

リボン掛けは商品によって結び方が変わる

通販物流ではピッキングの効率化だけでなく、梱包に付加価値をつけることも大事です。リボン掛けや熨斗掛けなど、ギフトラッピングには幅広い対応が求められます。無料はもちろん、有料のラッピングもニーズの高いサービスです。リボン掛けは十字で巻いて結ぶ方法と、斜めに巻いて結ぶ方法が基本となります。リボン掛けした商品は、ダンボールに緩衝材を入れて梱包すると安心です。リボンが潰れないように、ダンボールは少し大きめのサイズを選んでおきます。リボン掛けは商品によって結び方が変わるので、綺麗に仕上げるにはスタッフの技術も必要です。何度も練習することでリボンの幅や素材を覚え、少しずつ仕上がりも良くなっていくでしょう。

熨斗掛けは破れないように配慮する

熨斗掛けは年間を通して需要が高いサービスです。表書きや名入れについては、お客様が指定された名前を印刷しなければなりません。システムとプリンタが連携している場合は、注文ごとに自動で印刷されていきます。のし紙の種類を登録しておけば、幅広い注文に素早く対応できるので便利です。内のしと外のしは特に間違えやすいので、梱包前のチェックを忘れないようにしましょう。のしの上から緩衝材で包めば、のしが汚れる心配もありません。包んだ商品を宅配袋やダンボールに入れて、伝票を貼れば完成です。商品によってはダンボールを使わず、伝票を直接貼ることもあります。のし紙は破れやすいので、慌てることなく慎重に作業していきましょう。